HOME > コラム一覧 > コラム

コラム

重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2

大里隆也 [ 著者コラム一覧 ]

投稿日時:2011/01/13(木) 10:00rss

 1、はじめに
 
 今回はコラム「重要な場面を計る~Leverage Index~」で取り上げたLeverage Indexを実際の試合に当てはめる。Leverage Index(以下、LIと略)とは場面の重要性を数値化した指標で、今回のコラムの目的はこの指標の意義と有効性を伝えることである。しかしながら、この方法が必ず正しいことを言いたいのではなく、あくまで重要な場面を評価する一つの方法として提案しているだけである。新しい試合の見方として考えていただければ幸いである。
 
 2、日本シリーズ第四戦でみるLeverage Indexの有効性
 
 当てはめるのは2010年度日本シリーズ中日対ロッテ第四戦とする。この第四戦は、ロッテが先制しすぐさま中日が追いつき、延長の末中日が勝利した試合である。この試合を選択したのは、終盤お互い勝ち越しのチャンスを作ったが得点できないシーンが多くみられたため、LIの値が大きく変化するからである。
 今回はLIの有効性の説明をメインにするが、他の日本シリーズの試合についてもLIの推移を見る。ただし、細かい試合の内容についてはここで触れないため、NPBのサイトなどを見てほしい。
 
 第四戦にLIを当てはめていくが、まず第四戦がどのような試合だったかを考える。第四戦のランニングスコアは次のようになっている。

 

 
 5回から10回まで無得点で得点表からはうかがい知れないが、8回表から11回表まで毎回得点圏に走者を進めた非常に緊迫した試合になっている。次の表は終盤で得点圏まで走者が進塁した状況とその時の打撃結果をまとめたものである。


 
 試合終盤でこれほど勝ち越す機会があったのだから、第四戦は重要な場面が多い試合であったといえる。
 では、第四戦にLIを当てはめる。次の図はLIの値と点差をまとめてひとつにしたものである。青い棒グラフで中日攻撃時のLI、灰色棒グラフでロッテ攻撃時のLI、赤い折れ線グラフで点差(ロッテ-中日)をそれぞれ表していて、特徴的な棒グラフにはその状況と打者名を示している。



 
  図からLIの有効性について考えていく。8回から11回にかけてLIが高いところが上記の得点圏の状況と一致していることと、5回と6回のチャンスにもLIがしっかり反応していることから、LIが場面の重要性を表現できていることが分かる。
 しかし、ロッテが得点をあげた3回裏のLIが高くなっていないことに疑問を感じる方もいるかもしれないので、この状況が高くならない理由を説明していく。3回裏の得点方法は1アウト2塁から西岡の二塁打と、2アウト2塁から井口の本塁打である。LIはその状況が潜在的に持っている得点の可能性と勝率の変化量を評価している。この場合、走者2塁は大きな得点の可能性が低く、試合も序盤なので1点での勝率の変化量も大きくない。そのため、3回裏のLIの値は高くならないのである。LIは結果的に得点をしたかどうかは関係なく、得点しても必ず重要な場面になるとは限らないのである。
 
 以上から、LIが場面の重要性を正しく計っていることが分かった。
 
 
 3、日本シリーズでみるLeverage Indexの意味
 
 最後に、日本シリーズの他の試合にもLIの推移を示す。以下でその図を示すが、重要な場面ではLIが高くなっていることが見られる。ただし、今回のLIは点差を±6点の範囲で算出している。これ以上の点差のLIは、勝率の変化量が非常に少ないと考えたため、全て0としている。
































ランニングスコアやLIの高さから第六戦や第七戦も第四戦と同等の緊迫した試合になっている。第六戦と第七戦はともに中日が勝ち越せる機会が多かったが、結果は、第六戦が「引き分け」、第七戦が「敗北」となっている。何度もピンチを切り抜けたロッテのすさまじい“粘り勝ち”であったことが分かる。
 この様にLIはただ重要な場面を理解するだけではなく、ランニングスコアには表せられない試合の流れを理解することが出来る。今後、このLIを天王山と呼ばれるような重要な試合に当てはめ、また新たなコラムで見ていく。
 


コメント

みんなの評価:3.5stars-3-5.gif

観戦者のハラハラドキドキ感が数値化されているようでグラフ化も臨場感があってとても面白いですね!

評価:stars-4-0.gif Posted by とおりすがり at 2011/01/13 21:57:58 PASS:

 1打席の勝ち負けで大きく勝率が動く場面、漫画「あぶさん」ではないのだから、レギュラーに勝る代打をとっておきにするわけにも行きません。

 となれば選択の余地は投手。
 ……私が阪神ファンゆえに、このコラムのような勝率の大きく変わる場面というのを見せられると、藤川投手の起用についていろいろ思うわけです。

 2点リードで7回を切り抜けて8回を迎えれば、たとえ7回で1番いい投手を使い切っていても、2点リードは平均的投手で逃げ切れる。
 ……と、言うよりも8回から逆転されると「やられた!」とか「だから残しておけと!」いう感情が先行しますが、それは統計的にはレアケースで、実際にはそれ以上に何気なく逃げ切っていると。

 擬似的にそういう選択をしている場合もありますね。8回(あるいは8回途中)で一番いい投手、9回はイニングをまたいでやや球威が落ちた一番いい投手、という形で。

 同じ事は先発にも言えて、終盤逆転負けが続いていると「何でいい投手を後ろに回して凌げるようにしないんだ」というより、そんなことをすれば「終盤に逆転されるような試合」にすらできず、早々と諦める試合ばかりになってしまいますね。

 1点差は後ろになればなるほど重くなると。
 痺れる展開ですが、最後までとっておきを残しておきたいものです。
 1点リードでもノーアウト一塁三塁以上になると、既に勝率の上では逆転されてるというのが興味深いですね。
 走者がいる状態での継投は難しいとされますが、ここぞの場面を投手選択の決断で抑え込めば、本来負けていた試合を勝ち試合にできるという、1試合レベルで見れば凄いチャンスかもしれません。

 3点差は前ほど重い。
 前の回を抑えれば抑えるほど勝率は動かなくなっていきます。
 先発を引っ張るか、余裕があればいい投手からどんどん使うべきですね。

 ……難しいのは同点です。勝っても負けてもいませんし。
 リリーフが潤沢なチームや、シーズン終盤ならいい投手を先につぎ込んで、相手の相対的な攻撃力を下げ、決勝点を吐き出させる「攻撃的な継投」も見られます。
 でも勝ってるわけじゃないから、コストに勝率アップが見合わないンですよね。

 結局は肩を作る準備だとか、味方の援護点だとかで、なかなかおいしい形には生かせそうにありませんが、こういった重要な場面の扱いで、いい投手は一番最後、という固定観念だけでも崩したいですねーー;

評価:stars-3-0.gif Posted by せるふぃむ at 2011/01/21 23:58:54 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
評価:
star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif
5683908af6dcb51eac6e70046fad8137.png?1512970795
画像の英字5文字を入力して下さい。:

トラックバック一覧

  • » Cheap Beats by Dre from Cheap Beats by Dre
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » Christian Louboutin Sale from Christian Louboutin Sale
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » louis vuitton bags from louis vuitton bags
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » CELINE OUTLET from CELINE OUTLET
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » cheap ray ban sunglasses from cheap ray ban sunglasses
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » coach outlet from coach outlet
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » sac louis vuitton from sac louis vuitton
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » PRSiJexQ from PRSiJexQ
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
  • » フェンディ バッグ from フェンディ バッグ
    重要な場面を計る ~Leverage Index~Part2 - Baseball LAB「Archives」
Baseball Lab「Archives」とは?
 
Baseball Lab「Archives」では2010~2011年にかけてラボ内で行われた「セイバーメトリクス」のコンテンツを公開しております。

野球を客観視した独自の論評、分析、および研究を特徴として、野球に関するさまざまな考察をしています。