HOME > コラム一覧 > コラム

コラム

ドラフトについて~Part3

岡田友輔 [ 著者コラム一覧 ]

投稿日時:2011/08/19(金) 10:00rss

 前2回はドラフトのトレンドと指名順位・ポジション・獲得チャンネルに対して選手の実績を見てきました。近年の大きなトレンドは投手の上位指名割合が増し、増えた投手指名を大学生投手が埋めているということでした。高卒・大卒・社会人選手の特徴は前2回のコラム(ドラフトについてPart1Part2)を参考にしてください。本日は指名順位のまとめと、指名重複による抽選選手の価値について検討していきたいと思います。
 
 
1.順位に対する見込まれる活躍
 
 前2回でおおよそ高校・大学・社会人選手のリスクについてみてきました。今回は順位・獲得チャンネルにおける見込まれる貢献を基に話を進めていきましょう。下の表は各指名順位・獲得チャンネル別に見た指名の失敗割合、失敗しなかった場合の見返り、さらにその指名がスター選手になる割合を示しています。
 


 ドラフト1位から見ていきましょう。1位指名は何と言っても大学生の安定ぶりが際立っています。大失敗(WS0)する割合は20指名に対して1人程度で、失敗を回避した選手の見返りは50.4WS(キャリアでチームに17勝程度の勝利をもたらす)といずれの指名順位よりも高い利得をもたらします。さらにスター選手としてチームに貢献する割合も高く、チームにとって合理的な指名先といえるでしょう。高校生は失敗のリスクが高い半面、失敗を回避できた場合の見返りは大きくなります。反対に社会人選手は失敗のリスクは少ないですが、見返りの面で高校・大学生に及びません。

 ドラフト2・3位では社会人選手の健闘が目立ちます。ここでも大学生は安定した投資先であることを示しています。高校生の指名はやはり失敗のリスクが気になるところです。

 ドラフト4位以降はこれまでと様相が変わってきます。高校生はリスクの面では他の2つのチャンネルに対してマイナス面が目立ちますが、指名に対する見返りでは逆転しています。各球団の目利きが重要になるところで、将来の主力となる原石を早い段階で確保できるかがポイントになりそうです。大学時代に実績を挙げて、各球団から指名候補とされる選手の獲得は簡単ではありません。またコストの面でも最初から高い年俸設定もあり、資金力に余裕がない球団にとって長い間選手を保持できる保証はありません。高校生のこの時期に上手く指名をしている球団として西武などをイメージできそうです。

 ドラフトの獲得チャンネルごとに見ていくと高校生はリスクが高いですが、非常に多様性があります。即戦力や将来の主力から大失敗の指名もあり玉石混交といえます。大学生は指名に対する投資先としては最も優れ、補強の中心に位置するのも納得の数字です。最近、社会人選手は指名割合を落としていますが、指名先としては十分な魅力があります。社会人選手の指名では、中日が上手に指名しています。
 この見込みを基準として使用することで各球団のドラフト指名戦略がどの程度上手くいっているか測ることができます。
 
 
2.抽選について
 
 NPBドラフトのハイライトとして1位指名選手の抽選があります。現在2位以降の指名はウェイバーになりますが、1位指名については抽選が行われています。同じドラフト1位でも複数の球団が指名した抽選選手の方が貢献する割合が高いのでしょうか?
 

 
 上の表は1位指名された選手(外れ1位を含む)と2球団以上のチームから指名された選手、さらに4球団以上のチームから指名されて入団した選手の貢献度を現しています。結果は一目瞭然で、プロ球団の複数のスカウトに一位指名の価値があると判断された選手は、失敗率・見返り・スターになる割合全てで1位選手一般を上回っています。さらに4球団以上の指名になると、まったく実力が通用しなかった選手はおらず、見返りも大きくなります。競合を恐れず抽選で選手を勝ち取った利得は非常に大きくなるようです。
 
 3回にまとめてドラフトを大まかに捉えてきましたが、どこかのタイミングで各球団のドラフト戦略を検討していきたいと思います。選手獲得のチャンネルや一般的な指名に対する見込みと実績を比較することで、チームの指名に対する考え方などが見えると面白そうです。高校生の指名に対する姿勢や実績がチームを大まかに分ける要因となりそうです。
 
 

コメント


表の中の「全体」の列と「貢献(Win Shares)」の列のセルの数字は何を表しているのでしょうか。
キャリア毎にドラフト指名された人数と見ればいいのかな、と思ったのですが、「貢献」の列の数字を合計しても数字が一致しないですし。

Posted by 里見 at 2011/08/19 13:07:45 PASS:

里見さま

コメントありがとうございます。

>表の中の「全体」の列と「貢献(Win Shares)」の列のセルの数字は何を表しているのでしょうか。
>キャリア毎にドラフト指名された人数と見ればいいのかな、と思ったのですが、「貢献」の列の数字を合計しても数字が一致しないですし。

分かりにくくてすみません。
全体は人数になります。
WS0、0~25、25~の合計が全体と同じ人数になるかと。
WS50~以降はWS25~のうちの到達人数になってます。
(表の見せ方として良くないですね反省します)

Posted by 岡田友輔 at 2011/08/19 14:18:36 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
評価:
star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif
8e4e49460feb7603a8a285918691fbff.png?1512970442
画像の英字5文字を入力して下さい。:

トラックバック一覧

Baseball Lab「Archives」とは?
 
Baseball Lab「Archives」では2010~2011年にかけてラボ内で行われた「セイバーメトリクス」のコンテンツを公開しております。

野球を客観視した独自の論評、分析、および研究を特徴として、野球に関するさまざまな考察をしています。

月別著者コラム
最新コラムコメント
06/14 15:06/パプア
得点価値から計るゴロとフライ
12/17 12:01/fxovhexxwj
落合博満と野球殿堂
08/26 08:32/もと
盗塁の損益分岐
11/16 10:44/★小向美奈子 AV第2弾サンプル映像
阿部離脱の影響
09/15 23:42/Azukishu
得点期待値から見る盗塁