HOME > コラム一覧 > コラム

コラム

70年代以降の捕手総合評価

蛭川皓平 [ 著者コラム一覧 ]

投稿日時:2011/04/14(木) 10:00rss

1.守備と攻撃を総合する
 
 以前に、1970年代以降の捕手の守備を得点化して数値評価することを行った(70年代以降の捕手守備指標)。それによってたとえばその期間に守備で最も貢献したのは古田敦也だろうといったことがわかったが、それはあくまでも守備に限った解析である。
 
 野球ファンとしては守備を評価したならさらに攻撃も分析して「攻守総合して最も優れた捕手は誰なのか」を知りたくなる。幸いセイバーメトリクス的には守備の評価に比べて打撃の評価は技術的に容易であり、評価の方針や用いる基準こそさまざまに考えられるもののデータの操作は単純と言っていい。そこで本稿では歴代の捕手の成績を攻守ともに数値で分析し総合的な貢献度を算出することを試みる。

 
2.評価の前提となる事柄
 
 はじめに、分析の前提として注意していただきたいことを記しておく。
 
a.対象とする期間は1970年以降である。
 これは守備指標の計算がその期間を対象に行われたことによる。69年以前から70年以降にまたがってプレーしている選手については、70年以降の記録だけを対象として集計されている。
 
b.今回はあくまでも捕手としての評価とするため、打撃成績は捕手で出場した割合に応じて按分する。
 すなわち守備に就いた試合数のうち90%が捕手としての出場であり打者として全体で120の安打を打っていれば、捕手としては120×0.9=108本の安打を打ったと考える。これにより、計算される打撃指標は単純にその選手を一人の打者とする計算と異なる場合がある。
 
c.故意四球は解析の対象から除外する。
 捕手の通算成績を評価する場合、セ・リーグの8番打者などで大きな偏りが生じる可能性があると考えたためである。
 
d. 控えレベルの捕手の打撃は過去の統計より600打席あたりでリーグの野手平均に比べて得点を36減らす水準とする。
 すなわちBatting Runsに「0.06×打席数」を足せば控えレベルの捕手に比べて増やした得点数が計算できる。
 
 以上4項目である。打撃の評価に用いるBRは安打や四球といったイベントに得点価値を掛け合わせて「リーグの平均的な打者が同じ打席数を出場する場合に比べてどれだけチームの得点を増やしたか、または減らしたか」を評価する指標である。ここではさらにd項目にある通り控えレベルの捕手が打つ場合に比べてという基準を持ち込むことによって捕手としての価値を明確にする。野球に限らず物事の価値を計るのに有効な方法はそれがある場合とない場合を比較し差をとることであり、特定の捕手が出場できなくなったときチームが余計なコストをかけずにできることは「代わりの(控えの)捕手を出場させる」ことだからである。
 
 ちなみにレギュラーを含めた一般的な捕手のBRは年間で-15くらいである。控え捕手のBRは-36だから、平均的な捕手と控え捕手の間には打撃で約20点分の差がある。以前の記事で示した守備指標での差は4点弱だから、守備の差は打撃に比べてずいぶん小さいことになる。これは実際にそうなのかもしれないが、守備の評価があくまでも限定的なものであるため守備の影響を過小評価している可能性もあると考えている。たとえば2009年と2010年のデータを使って先発出場が正捕手(出場試合数が最も多い捕手と定義)の試合とそうでない試合を比べると前者の平均失点は4.22であり後者は4.40だった。大雑把に言うと正捕手が出場するかどうかで失点には一試合あたり0.18点、年間で26点の差が生じるわけである。ノイズの大きい数字だからこれをそのまま採用するわけにはいかないが、包括的なリサーチが行われた際には対象を限定した守備指標による分析よりも大きな数字が出てくる可能性は低くないだろう。現段階でははっきりしたことは言えないため、ここでは控えの捕手に比べて出場することの価値が過小評価されているかもしれないことを記しておくに留める。
 

3.攻撃優秀者
 
 まずは、攻撃の評価だけを取り出して見てみよう。はじめに示すデータは70年以降、捕手で打撃指標が最も優れている10人である。

 
順位 選手 打席 打撃得点 打撃得点’
1 古田 敦也 7995 145 625
2 城島 健司 4918 181 476
3 阿部 慎之助 4608 161 438
4 田淵 幸一 3486 201 410
5 木俣 達彦 5152 93 402
6 谷繁 元信 8422 -122 384
7 野村 克也 4358 96 357
8 伊東 勤 7861 -155 316
9 矢野 輝弘 5260 -50 266
10 吉永 幸一郎 2795 72 240
 
 打撃得点:平均的な打者に比べて打撃で増やした得点
 打撃得点’:控えレベルの捕手に比べて打撃で増やした利得
 
 守備の評価を「守備得点」と呼称している関係上、Batting Runsも「打撃得点」と表記した。ここで最も重視している「控えレベルの捕手に比べて打撃で稼いだ利得」を表すのは打撃得点に記号をつけた「打撃得点’」の欄である。また、打席数も打撃成績の単純な合計ではなく捕手として出場した割合に応じて調整されているし、指標の計算上考慮されない打席(犠打・敬遠の打席等)の分は除いている。
 
 この期間打撃で最も貢献を積み上げたのは古田と言っていいようである(記事としてのお楽しみの意味では微妙だがこの時点で「総合的には誰か?」の答えも出てしまった)。現役生活を通じて、控えの捕手が出る場合に比べて実に625の得点を積み上げた。リーグの平均的な打者との比較を表す打撃得点でも145とかなりの数字を残しており、捕手として優れていただけでなく単純に一人の打者として見ても優秀だったと言える。
 
 古田に続くのが現役の城島健司と阿部慎之助。この二人は打席あたりの貢献度はだいたい等しいとみなせる。またどちらも古田と同じだけの打席数に換算すれば打撃得点’は700点台後半となり古田を超えるため、このまま順調に選手生活を送れば総合点で古田を上回るかもしれない。この点についてはまた後半にも触れる。
 
 4番目の田淵幸一はやや特殊な存在。田淵のデビューは1969年であり1年だけ集計から漏れているが、特性はしっかり表の数字に表れている。捕手としての打席数はランクインしている他の選手に比べて少ないわりに打者平均との対比ではトップであるなど、機会あたりの貢献度がずば抜けている。
 
 今回は深入りしないが打撃のみ1950年からの数字を出してみると打撃得点’でトップは野村克也で1299。なんと古田の倍以上で、おそらくこれを超える捕手は今後現れないのではないかと思う。「捕手として打撃で最も実績を残したのは誰か?」と漠然と聞かれたら野村克也と答える以外にはないだろうが、600打席あたりの打撃得点’で見ると野村が66、田淵が69であり、打席数が著しく少ない場合を除けば田淵だけが野村を上回っている。したがって「捕手の打撃では野村最強」説に部分的にであれ対抗できる可能性のある選手がいるとしたらそれは唯一田淵なのではないだろうか(もちろん、野村のほうが現役生活が長い分貢献「率」を通算成績から単純に出すのは不公平ではないかとか条件の考え方はさまざまにあり得るため一概には言えない)。
 

4.総合評価
 
 いよいよ攻撃の評価と守備の評価を統合する。守備の評価は以前の記事で算出した通りであるため詳しくはそちらを参照して欲しいが、簡単に言えば、盗塁阻止・捕逸・失策についてそれぞれの得点価値に見合った重みをつけて「リーグの平均的な(あるいは控えレベルの)捕手が出場する場合に比べてどれだけ失点を防いだか」を評価するものであった。
 
 70年以降で捕手として500試合以上の出場がある選手を対象として、総合評価のランキングは以下のようになる。

 
順位 選手 試合 打撃得点 守備得点 総合得点 打撃得点' 守備得点' 総合得点' 総合得点'/140
1 古田 敦也 1959 145 78 223 625 126 751 54
2 城島 健司 1207 181 39 219 476 69 544 63
3 谷繁 元信 2497 -122 59 -62 384 116 500 28
4 阿部 慎之助 1183 161 15 176 438 42 480 57
5 木俣 達彦 1390 93 16 109 402 48 450 45
6 田淵 幸一 862 201 4 205 410 25 434 71
7 伊東 勤 2327 -155 43 -112 316 97 414 25
8 野村 克也 1085 96 -28 68 357 -2 355 46
9 矢野 輝弘 1545 -50 14 -35 266 48 314 28
10 田村 藤夫 1527 -71 30 -41 227 65 291 27
11 有田 修三 1049 13 14 27 220 35 255 34
12 吉永 幸一郎 622 72 -5 68 240 10 250 56
13 梨田 昌孝 1166 -53 40 -13 173 65 237 28
14 里崎 智也 735 32 13 45 207 30 237 45
15 加藤 俊夫 1078 -3 4 1 209 27 236 31
16 中村 武志 1932 -201 11 -191 170 54 223 16
17 大矢 明彦 1497 -170 40 -130 127 74 202 19
18 中尾 孝義 825 -9 12 3 144 29 173 29
19 日高 剛 1340 -145 14 -131 103 42 145 15
20 達川 光男 1320 -161 38 -123 77 67 144 15
21 中沢 伸二 1209 -93 22 -71 97 45 142 16
22 山倉 和博 1253 -136 11 -126 100 38 138 15
23 若菜 嘉晴 1335 -151 15 -136 92 43 134 14
24 八重樫 幸雄 935 -80 -3 -83 114 17 130 20
25 相川 亮二 1003 -115 6 -109 90 29 120 17
26 大宮 龍男 793 -58 11 -46 91 25 117 21
27 村田 真一 1087 -81 -20 -101 110 2 112 14
28 福嶋 久晃 838 -80 11 -68 82 29 111 19
29 高橋 信二 529 -9 -5 -14 105 6 111 29
30 中嶋 聡 1479 -152 3 -149 78 30 107 10
31 西山 秀二 1145 -127 17 -110 61 39 100 12
32 野口 寿浩 836 -67 1 -66 78 18 96 16
33 橋本 将 550 -35 -7 -42 91 4 94 24
34 村上 公康 669 -35 11 -24 69 23 91 19
35 伊藤 勲 755 -46 -31 -77 105 -15 90 17
36 水沼 四郎 1229 -140 3 -137 58 27 85 10
37 石原 慶幸 858 -99 -2 -102 64 17 81 13
38 高橋 博士 652 -39 -5 -44 69 7 77 16
39 藤田 浩雅 696 -65 4 -61 55 18 73 15
40 細川 亨 852 -112 18 -93 37 36 73 12
41 香川 伸行 528 -33 -16 -49 79 -6 72 19
42 光山 英和 669 -46 11 -35 44 22 67 14
43 吉田 博之 663 -56 -4 -60 52 9 61 13
44 吉田 孝司 839 -77 -5 -81 47 10 57 9
45 木戸 克彦 943 -87 -19 -105 58 -1 57 8
46 的山 哲也 1014 -120 14 -106 18 32 50 7
47 辻 恭彦 693 -73 10 -63 22 22 45 9
48 袴田 英利 900 -120 1 -119 25 19 44 7
49 片岡 新之介 667 -64 -4 -67 28 7 36 7
50 藤井 彰人 656 -81 1 -79 11 13 25 5
51 三輪 隆 539 -76 2 -74 7 12 19 5
52 古久保 健二 924 -112 -4 -117 7 10 18 3
53 瀬戸 輝信 521 -57 -8 -66 16 1 17 4
54 大石 友好 667 -93 15 -78 -11 26 15 3
55 山下 和彦 893 -102 -18 -121 11 -3 8 1
56 黒田 正宏 568 -79 -3 -83 -4 6 3 1
57 秋元 宏作 536 -64 -15 -80 6 -7 -1 0
58 清水 将海 665 -118 10 -108 -24 22 -2 0
59 定詰 雅彦 503 -83 -4 -87 -17 5 -12 -3
60 山田 勝彦 742 -151 -19 -170 -40 -6 -46 -9
 
 守備得点:平均的な捕手に比べて防いだ失点
 守備得点’:控えレベルの捕手に比べて防いだ失点
 総合得点:平均的な捕手に比べて攻守合わせて上回った得点(打撃得点+守備得点)
 総合得点’:控えレベルの捕手に比べて攻守合わせて上回った得点(打撃得点’+守備得点’)
 総合得点’/140:総合得点’の140試合換算
 
 既に判明していたことではあるが、この期間において捕手で総合的に最も貢献したのは古田だという結論が出た。とりあえず、「総合得点’」が控え捕手に比べて稼いだ全体の利得であり、ここでの最終評価だと考えてほしい。1シーズン換算で言うと、古田を失うだけでチームは54点の損失を被るくらいの働きだったと言うことができる。積み上げた数値では2位以下を大きく突き放しており、端的に素晴らしい活躍をした捕手だと表現して差し障りないだろう。
 
 古田以下は城島、谷繁、阿部、木俣……と続く。城島や阿部は攻守の両面で優れており、正統的に古田に迫っている。木俣は64年デビューで記録が6年分切れているため、全体の数値を算出した場合にはまた評価が上がるかもしれない。出場の全てが70年以降に収まらない捕手は除外することも考えたが69年にデビューして70年代におおいに活躍した田淵のような捕手を単純に除外することにも抵抗があったため、このような少々中途半端な算出になったことをお許し願いたい。
 
 トップテンのうち谷繁や伊東は、野手として見れば打撃は特に秀でてはいないが優れた守備と「捕手としては合格点の打撃」でスコアを重ねている。ある意味、捕手らしい捕手と言えるのかもしれない。田村藤夫、梨田昌孝、大矢明彦あたりもこの部類に入るだろうか。

 
5.名捕手の足跡
 
 ここで少し趣向を変えて、ランキングに入っているような捕手がどのような現役生活を送ったのか、代表的な選手について数字で追ってみたい。
 
 まずは古田のデビューから引退までの総合評価の推移。

 
 デビューの年にいきなり盗塁阻止率が5割を超えるなど捕手として優れたパフォーマンスを発揮し一定の評価を得ることに成功している。打撃に比べると地味に見えてしまうかもしれないが守備得点’が10に届くとしたらそれは数字としてはかなり高い。そして翌年には打者としても一流のものを見せつけ、控え捕手と比較した利得では70点を超えた。そして3年目には早くも86点とキャリアハイの貢献度を出した(ちなみにこれは3位のチームを優勝に押し上げるくらいの得点数である)。それ以降、故障がありつつも守備では常にトップレベルの働きをし、打撃でも安定した貢献をしている。偶然的な要因を含めてある程度の凹凸があるのは当然として、基本的には早熟も晩成もなく一貫して優良な選手だったと見ていいだろう。40年スパンでの最高評価などはこのような形でなければそもそも不可能なのかもしれない。
 
 続いて伊東勤についても同じように見てみる。
 

 伊東の場合、守備に関していうとキャリアの序盤では数字的には特筆するほどのものではなかった。3年目までは捕手としてはあくまでも平均的で、まばらに片鱗を見せてはいるものの安定して優れた守備を発揮するのは案外遅く9年目くらいからである。必ずしも守備指標が主観的な評価のものさしになるとは思わないが、伊東が安定的に出場機会を得ることができたのは守備だけでなくある程度打撃・走塁に優れたところがあったからだと考えることもできるかもしれない。総合的には安定してチームに貢献し続けており、総合評価の合計値は長く安定したキャリアの賜物。単年のスコアでは39点が最高であり、良い数字ではあるのだが、70点や80点を叩き出していた古田の成績がいかに派手かをむしろ感じる。
 
 最後に「現役選手が古田に追いつけるか?」ということで阿部慎之助を取り上げてみる。本来なら最も古田に近い男として城島を取り上げるべきかとも思うのだが、MLBに行っていた期間がある分キャリアを対比させることが難しいと感じたため大学・社会人卒の即戦力という意味で似ていることもあり阿部を取り上げる。


 阿部に関してはデビューから同じ年数に該当する古田の総合評価を重ねて表示している。これを見ると、デビュー直後の充実度ではさすがに古田に大きく差をつけられているが、最近では打撃の大きな利得を武器に古田の貢献を上回る年も多いことがわかる。阿部は10年間での総合点が480で、古田もデビューから10年間では492とほぼ同等である。最近5年間の平均くらいの成績をあと5年続けられれば古田を抜ける計算だが、なかなか微妙なところかもしれない。古田も伊東も6年目~10年目の5年間と11年目~15年目の5年間では後者のほうが数字は良いため阿部にとってもそれは十分あり得ることだと思われるが、一年でも大きな不調や故障があれば「古田超え」の達成は一気に難しくなる。いずれにせよ今後が楽しみである。
 

6.ブラックボックスを残して
 
 以上、選手の働きを総合的に評価することを試みた。もちろん、これが唯一の評価方法ではないしこの数字だけで選手を語るのは問題がある。客観的に具体化できそうなところは具体化した、議論の材料と考えてほしい。仮に評価に含まれていない主な要素が「配球の妙」だとして、それによる差がせいぜい30点だと考えるならば、ランキングで30点を超える差がついているところの順番はおそらく覆らないだろうと考えることができる(30という数字は単なる思いつきで、真実は3点かもしれないし300点かもしれない)。
 
 ちなみにセイバーメトリクスはリードといった側面の影響力には従来の言説に比べて懐疑的である。『Baseball Between the Numbers』に収録されているキース・ウールナーのリポートによれば、MLBに関して網羅的な研究を行った結果、捕手が投手を上手く扱って失点を少なくする一貫した能力のようなものの統計的な証拠は見つけられなかったという。同じ投手でもA捕手が受けているときに比べてB捕手が受けているときのほうが防御率が良いということはあり得るが、それが翌年には簡単に逆転するなど、傾向は極めてランダムに出るらしい。方法論が確立されていないこともあり結論を出すにはまだ少し早いようにも感じるが、少なくともウールナーのリポートは「我々は目に見えないものに関して、根拠も無く大袈裟に表現しすぎているのかもしれない」と考えさせる材料ではある。

コメント


蛭川様

前回のコラムに続いてコメントさせて頂きます。
捕手の総合評価は、古田、城島、阿部選手の3選手の
突出した実績を証明する結果になりました。

この結果を、今後の捕手の採用、育成方針に活かし(大袈裟ですが)
打力の面では貢献の低い捕手というポジションにおいて、
チーム力の向上に繋げることはできるのでしょうか?

Posted by 野球フリーク at 2011/04/14 16:22:06 PASS:

>野球フリークさま

うまくご質問の答えになるかはわかりませんが
捕手の評価・活用に関して言うと打撃得点と守備得点の偏差の大きさが
従来の言説とは違った見方を与えるのかなと思います。

捕手というととにかく守りが大事で打つほうはダメでもある程度目をつぶるもの
というような(固定観念に近い)考えが多少はあると言っていいと思いますが
客観的に測定できるものについて言う限りでは、曲がりなりにも一軍の捕手として出場するレベルの選手たちの守備では(点数換算で)それほどの差がつくわけではありません。
それに比べて打撃では数十点の差がつくこともあり得ます。

ある捕手に期待される打率が.200、別の捕手が.230といった場合でも
「どうせどちらも“大して打てない”ことに変わりはない。それだったら守備の良いほうを使う」と漠然と評価してしまうのは危険です。
Batting Runsのような指標で考えると両者の間に打撃で10得点以上の差があっても不思議ではなく
いくらか盗塁阻止率が低いといった守備のマイナスは簡単にくつがえしてしまうことも考えられますから。
端的に言えば捕手の評価にあたってもっと打撃の比重を高めるべき、ということですね。
もちろんこれはひとつの仮説ですが、定量的な根拠もなく「守備が重要だ」と言うだけよりは
このような可能性も考慮に入れるべきかと思います。

Posted by 蛭川皓平 at 2011/04/15 20:03:41 PASS:

捕手を比較するのにあたって打撃や盗塁阻止率など数値的なもの、統計的なものに偏るのは野球というスポーツを見ていないせいではないでしょうか?たとえば阿部捕手の場合、巨人があれだけごり押しで逆指名でピッチャーを取ってきたり、他球団のエースや押さえを連れてきてもピッチャーは育てられていないし、よそからの主力はだめになってしまうし・・・・。あれだけのメンバーをもし古田・・いいえ今回もっと下にランクされている伊東や達川がリードしていたらと思うと、阿部ってそんなにいいキャッチャーなの?というのが素直な気持ちです。 

Posted by がんばれ田淵君 at 2011/04/18 19:59:10 PASS:

この分析結果というのは、「捕手」ではなく「選手」もしくは「野手」としての評価基準のように思われます。また、守備評価も身体的な指標のみで「リード」に関する指標がありません。投手に投げさせた球数や失点数、勝敗における得点差、特に最小得失点差の試合数、完封数など(防御率みたいなもの?)は捕手の評価に少なからず入れるべき評価基準ではないでしょうか。まぁ古田がスゴ過ぎるのは紛れもない事実だと思います。

Posted by 伊東イチ押し at 2011/04/18 22:38:56 PASS:

がんばれ田淵君さま

基本的な考え方として、物事を冷静に判断したい場合主観(客観的な根拠に基づかない見方)は必ずしも当てにはならないという立場に立っています。
そのため統計的に物事を分析する視点を重要視しています。
もちろん、だからといってそれが全てだと思っているわけでないことは本文に書いた通りです。
ご指摘のような点も、適正と思われる基準と比較をすることができある程度の根拠が示せるのであればそれでよいと思います。
例えば具体的に巨人に入った投手に期待する水準はどのくらいが客観的に見て適切で、それに対して実際はどのくらい乖離しているのか。巨人にだって活躍している投手はいるし「期待されたけど思ったほど活躍しなかった投手」などは他の球団にも数多くいるわけでそれらの割合はどうなっているのか、等々。具体的な数字で完全に把握するのは不可能であるにしろある程度材料を出して議論することは可能だと思います。
この辺りの考え方はサイトのメニューから「このサイトの考え方」を見ていただけるとわかりやすいかもしれません。
また、今回の解析は攻守を得点化して評価した場合どうなるかということを論じているのであって
どういう見方をしても掲載したランキングの通りに捕手の優秀さが並ぶと主張しているわけではないのでご理解いただけますと幸いです。


伊東イチ押しさま

リードについては本文最後のほうで触れていること以上に付け足すことはあまりないのですが
個別で安定した計測方法がなく、全体としては影響が小さいらしいことを考えると(少なくともMLBにおいて、ですが)
無理矢理組み込んでもかなりの程度で恣意的な評価になってしまう危険は大きいと思います。
これまで当たり前に重要だと思われてきたことが実際にはそれほど影響がないらしい、というのはセイバーメトリクスが色々と示してきているところでもありますし。
ただし日本におけるリードについての詳細な研究は実現できれば面白そうだと考えてもいます。

Posted by 蛭川皓平 at 2011/04/19 00:07:02 PASS:

 このMLBで行われたキース・ウールナー氏のリードの検証を是非とも日本でも検証してもらえたらなと思います。
横浜ファンの友人から「武山ではなくて細山田の方がリードが良い」と言われていましたが、確かに細山田がスタメン出場した最近の試合では失点が少ないので、能力といったものが日本では存在するのか是非とも見てみたいです。

Posted by 放浪者 at 2011/05/11 13:05:51 PASS:

放浪者さま

そうですね。日本でどこまでできるか(存在するデータの質・量に依存)は確認できていないのですが、いつか調査されるべきテーマだと思います。
評価が投手の要素に左右されないように同じ投手が投げている場合に限定して捕手を比較してその結果を集積する(その他パークファクター等を適宜補正)、というのは現状考えられる唯一の合理的な「リード」を含めた捕手の評価方法だと私は考えています。
まぁ筋道が合理的だというだけで統計的なノイズは多いので結局のところ選手個々の評価に使えるかどうかはわからないのですが。

Posted by 蛭川皓平 at 2011/05/12 18:09:50 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
評価:
star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif star2.gif
2ce7f04717eab00e29fea9a452503a07.png?1490228558
画像の英字5文字を入力して下さい。:

トラックバック一覧

Baseball Lab「Archives」とは?
 
Baseball Lab「Archives」では2010~2011年にかけてラボ内で行われた「セイバーメトリクス」のコンテンツを公開しております。

野球を客観視した独自の論評、分析、および研究を特徴として、野球に関するさまざまな考察をしています。

月別著者コラム
最新コラムコメント
01/18 19:52/
守備を得点換算で評価する
03/16 21:19/はる
捕手の総合力比較
11/23 09:52/
打撃指標wOBA
10/12 11:14/蛭川皓平
主観の落とし穴
10/09 22:37/素人のナックルボール視点
主観の落とし穴