HOME > 用語集

用語集

  • B
  • E
  • F
  • H
  • I
  • L
  • O
  • R
  • S
  • W
  • X

B

BABIP  [ 打者 Advanced ][ 打者 Batted Ball ][ 投手 Advanced ][ 投手 Batted Ball ]


算出式:(安打-本塁打)/(打数-三振-本塁打+犠飛)
本塁打を除き、グラウンド上に飛んだ打球が安打になった割合。
BABIPは非常に運の要素が大きく働くとされ、一般的に年度ごとの変動が大きくても長期的には多くの選手が一定の数値(3割前後)に収束する。
そのためある年の好調や不調がBABIPの極端な変化によるものである場合、その傾向は翌年以降続かないという可能性が考えられる。
さらに詳しい内容は
BABIP~Part1 
BABIP~Part2

E

E-F  [ 投手 Advanced ]

指標名:ERA minus FIP
算出式:防御率-FIP
防御率とFIPの差。
結果的な防御率とFIPによる偶然と守備の影響を排除した実力を比較することによって、投手が実力よりも良い結果を残しているかどうかを知る目安となる。
標準的にはゼロとなり、数字が大きい場合は投手個人の能力よりも失点していることになるため、不運だった可能性がある。
逆に数字が小さい場合は実力以上の結果になっていると見ることができる。

F

FIP  [ 投手 Advanced ]

指標名:Fielding Independent Pitching
算出式:(13*被本塁打+3*(与四球+与死球-敬遠)-2*奪三振)/投球回+リーグごとの補正値
補正値:リーグ全体の{防御率-(13*被本塁打+3*(与四球+与死球-敬遠)-2*奪三振)/投球回}
守備や偶然の要素から独立して投手を評価する指標。
フィールド内に飛んだ打球がアウトになるかどうかは守備に左右される上に、非常に運の要素が大きいことが統計的に明らかになったため、その影響を排除することでより純粋に投手の能力を評価するのがFIPのコンセプトである。
野手に関与されず投手の能力が反映されるのは被本塁打・与四球・奪三振であるため、それらに得点価値を加重し、防御率に変換して算出する。

H

HR/フライ  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:HR/フライ
算出式:HR/外野フライ
外野フライに対するホームランの割合。
打者の長打力を測る要素の一つ。

HR/フライ  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:HR/フライ
算出式:HR/外野フライ
外野に飛ばされたフライの総数に対するホームランの割合。
統計的な研究により、投球回が多ければ投手ごとに外野フライあたりの本塁打の割合はほぼ一定の範囲に収束するとされる。
NPBではこの値が8~9%程度。

I

ISO(IsoP)  [ 打者 Advanced ]

指標名:Isolated Power
算出式:長打率-打率または(二塁打+三塁打*2+本塁打*3)/打数
打者の純粋な長打力を測る指標。
得点を挙げる上で出塁能力と長打(走者を進塁させる力)を打つ力は不可欠な要素。
チーム/個人ともに得点への影響を考える上で基礎となる指標。

L

LOB%  [ 投手 Advanced ]

指標名:Left On Base%
算出式:(安打+四死球-得点)/(安打+四死球-1.4*本塁打)
出塁した走者に得点を許さなかった割合。
LOB%は味方の守備や運の要素が大きく働くとされ、年度毎の変動が大きくても一般的に年度を経る毎に一定の値に収束していくと考えられている。
そのため単年度の好調や不調の一つの要素としてLOB%が関わっている場合、その傾向は翌年以降継続するのはむずかしいと考えられる。

O

OPS  [ 打者 Advanced ]

指標名:On Base plus Slugging Percentage
算出式:出塁率+長打率
打者の出塁力と長打力を測る指標。
得点を挙げる上で出塁能力と長打(走者を進塁させる力)を打つ力は不可欠な要素。
チーム/個人ともに得点への影響を考える上で基礎となる指標。
さらに詳しい内容はこちら

R

RF  [ チーム個人 守備 ]

指標名:Range Factor
算出式:9*(刺殺+補殺)/守備イニング
野手の守備力を評価する指標。
守備者が9イニングあたりにどれだけアウトに関与したかが計算され、一般的に、守備範囲が広くアウトを獲得する能力が高い守備者ほど高い数値となる。
失策や守備率は主観による判断であり、また失策をしない守備が必ずしも優れた守備ではない。
それに対し、アウトを獲得することはチームの失点を減らすことに貢献するとして積極的な守備を数値で客観的に評価することができるのがRFである。
ただし刺殺と補殺が自力のアウト獲得と言えない場合が多い捕手・一塁手については適用不能であることや、投手の奪三振能力が高ければ守備能力に関わらず野手のアウト関与が減りRFが落ちること、全体として被安打をマイナスとする概念がないことなどに注意が必要である。
また、守備位置ごとにアウトへの関与のしやすさ(RFの平均値)は大きく違うため、異なる守備位置同士の比較はできない。
近年では、計算式を改良したRFや、守備者のプレーをビデオ映像により解析しどれだけ失点を減らしたかを評価するUZRなどが開発され、より精度の高い指標として定着している。

S

Spd  [ 打者 Advanced ]

指標名:Speed Score
算出式:①盗塁成功率 ((盗塁+3)/(盗塁+盗塁死+7)-0.4)*20
            ②盗塁企図 SQRT((盗塁+盗塁死)/(単打+四球+死球))/0.07
            ③三塁打割合 三塁打/(打数-本塁打-三振)/0.02*10
            ④得点割合 ((得点-本塁打)/(安打+四球+死球-本塁打)-0.1)/0.04 
            Spd=(①+②+③+④)/4

足の速さを評価する指標。
盗塁成功率、盗塁企図の頻度、三塁打の多さ、得点の多さをポイントに変換して平均し、0から10の数値で評価する。
平均は5前後で、数値が高いほど足が速い選手となる。
当サイトでは4要素での算出になっている。
※各要素で0以下及び10以上はそれぞれ0,10に変換して計算
 

W

WHIP  [ 投手 Advanced ]

指標名:Walks plus Hits per Inning Pitched
算出式:(被安打+与四球)/投球回
1イニングあたりに安打・四球でどれだけ走者を出したか。
標準は1.20~1.40前後で、数値が低いほど走者を出さずに安定した投球をしていると評価される。
四球や長打などの重みの違いは区別しない。
走者の引継ぎの問題などで先発に比べて防御率による評価がしにくい救援投手の評価に比較的有効である。

wOBA  [ 打者 Advanced ]

指標名:Weighted On Base Average
算出式:(0.72*敬遠を除いた四球 + 0.75*死球 + 0.90*単打 + 0.92*失策出塁 + 1.24*二塁打 + 1.56*三塁打 + 1.95*本塁打) / 打席数
打者が打席あたりにどれだけチームの得点増に貢献する打撃をしているかを評価する指標。
単打・二塁打・三塁打・本塁打・四球などに対してそれぞれが持つ得点価値を加重し打席あたりで平均することによって算出される。
打撃イベントへの加重は統計的な根拠に基づくため、出塁を全て均一の価値とみなす出塁率よりも得点への貢献を総合的に表すのはもちろん、総合的な指標として簡易的な計算式であるOPSなどよりも得点力を正確に表すことができる。
数字のスケールは出塁率に合うように設計されており.330前後が平均的な水準である。
wOBAを応用することによりwRC、wRAAの算出が可能となる。

さらに詳しい内容はこちら

wRAA  [ 打者 Advanced ]

指標名:Weighted Runs Above Average
算出式:(対象選手(チーム)のwOBA - リーグのwOBA) / 1.15 * 対象選手(チーム)の打席数
同じ打席数をリーグの平均的な打者が打つ場合に比べてどれだけチームの得点を増やしたか、または減らしたか。
平均的な打者であればゼロとなり、優れた打者では正の値、平均より劣る打者では負の値となる。
wRAAが10であれば、理論的にはその打者が打つことによって同じ打席数を平均的な打者が打つ場合に比べてチームの得点が10点増えたと評価できるということ。
wRCは創出した得点の全体を表すものであるのに対してwRAAでは創出した得点が多くても打席あたりの生産性が低ければマイナスの評価になるなど基準との比較が持ち込まれていること、またwOBAでは打席数に関わらず打席あたりの生産性が評価されるのに対してwRAAでは同じ生産性の高さでも打席数が多いほうがより評価される(水準が平均以上の場合)ことが特徴である。

wRC  [ 打者 Advanced ]

指標名:Weighted Runs Created
算出式:(((対象選手(チーム)のwOBA – リーグwOBA) / 1.15) + (リーグ総得点/リーグ打席数)) * 対象選手(チーム)の打席
打者が創出した得点数を表す指標。
多いほどチームに多くの得点をもたらしており貢献している打者だと言える。
ただし、打席数が多いほど与えられた機会が多いということであるため、単純にwRCの数字だけでは生産性の高さの比較はできない。
打席あたりの貢献の高さを表すのはwOBAであり、与えられた打席数で平均的な水準に対してどれだけ得点の利得をもたらしたのかはwRAAによって評価される。

X

xFIP  [ 投手 Advanced ]

指標名:Expected Fielding Independent Pitching
算出式:(13*0.11*外野フライ+3*(与四球+与死球-敬遠)-2*奪三振)/投球回+リーグごとの補正値
補正値:リーグ全体の{防御率-(13*被本塁打+3*(与四球+与死球-敬遠)-2*奪三振)/投球回}
本塁打率の揺らぎを補正したFIP。
FIPは投手が実際に打たれた本塁打数に加重をして算出するが、統計的な研究により、投球回が多ければ投手ごとに外野フライあたりの本塁打の割合はほぼ一定の範囲に収束するとされる。
この性質を利用して、はじめから打たれた外野フライに一定の本塁打を見込んでFIPを計算するのがxFIPである。
これにより絶対数が少ない本塁打による偶然の揺らぎが排除され、より投手の将来の防御率を予測するのに有効と考えられる。
※当サイトでは0.11部分を各リーグの本塁打/外野フライに調整して算出。

このページのトップへ ▲

援護点 (えんごてん) [ 投手 Batted Ball ]

指標名:援護点(Run Sapport)
算出式:援護点
投手がマウンドにいる間に味方打線が挙げた得点

空振り率  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:空振り率
算出式:空振り/投球数
総投球数に対して空振りをした割合。

空振り率  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:空振り率
算出式:空振り/投球数
総投球数に対して空振りさせた割合。

ゴロ%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:ゴロ%
算出式:ゴロ/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対するゴロの割合。

ゴロ%  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:ゴロ%
算出式:ゴロ/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対してゴロを打たれた割合を表す。
NPBでは総打球に対して50%前後の割合でゴロが発生。
投手の力が及ぶ範囲を考える上で近年注目される数値。

ゴロ/フライ  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:ゴロ/フライ
算出式:ゴロ/フライ
フライに対するゴロの割合。
打者の打球性質(ゴロ・フライ等)は選手のタイプによって大きく異なる。
ゴロとフライの割合から選手を大まかに分類する指標。

ゴロ/フライ  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:ゴロ/フライ(GB/FB)
算出式:ゴロ/フライ
ゴロに対するフライの割合。
投手が打たれる打球性質(ゴロ・フライ等)は投手毎に大きく異なる。
投手がゴロタイプかフライタイプか大まかに判断する指標。
フィールドに飛ぶ打球の性質は年度を経ても傾向が変わらないケースが多く、投手が影響力を行使出来る範囲が大きいと近年考えられている。
ただし、打たれたゴロやフライが安打になる割合に関しては、投手の影響力が限定されるのが近年の研究で明らかとなる。

コンタクト%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:コンタクト%
算出式:接触数/スイング
スイングに対してバットに当たった割合。

コンタクト%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:コンタクト%
算出式:接触数/スイング
相手打者のスイングに対してバットに当てられた割合。

三振/与四球  [ 投手 Advanced ]

指標名:三振/与四球
算出式:三振/与四球
投手のコントロール力を表す1つの指標。

三振割合  [ 打者 Advanced ]

指標名:三振割合(Strikeout Percentage)
算出式:三振/打席

四球/三振  [ 打者 Advanced ]

指標名:四球/三振(Walk to Strikeout Ratio)
算出式:四球/三振

四球割合  [ 打者 Advanced ]

指標名:四球割合(Walk Percentage)
算出式:四球/打席

刺殺  [ チーム個人 守備 ]

指標名:刺殺
算出式:守備に就いたポジションで記録した刺殺数

失策  [ チーム個人 守備 ]

指標名:失策
算出式:守備に就いたポジションで記録した失策数

出場試合  [ チーム個人 守備 ]

指標名:出場試合
算出式:守備に就いたポジションでの出場試合数

出塁率  [ 打者 Advanced ]

指標名:出塁率(On Base Percentage)
算出式:(安打+四球+死球)/(打数+四球+死球+犠飛)

守備イニング  [ チーム個人 守備 ]

指標名:守備イニング
算出式:守備に就いたポジションでの出場イニング

守備率  [ チーム個人 守備 ]

指標名:守備率
算出式:(補殺+刺殺)/(補殺+刺殺+エラー)
守備に関与した総プレー(守備機会)に対してアウトを記録(刺殺、補殺)した割合。

初球ストライク割合  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:初球がストライクの割合
算出式:初球ストライク数/初球数
対象打者に対して初球にストライクを投じたの割合。

初球ストライク割合  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:初球がストライクの割合
算出式:初球ストライク数/初球数
打者に対して初球にストライクを投じる割合。

スイング%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:スイング%
算出式:スイング/投球数
投じられた総投球数に対してにスイングした割合。

スイング%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:スイング%
算出式:スイング/投球数
総投球数に対してにスイングされた割合。

ストライク  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:ストライク
算出式:投手が投げたストライクの総数

ストライクゾーンコンタクト%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーンコンタクト%
算出式:ストライクゾーン接触数/ストライクゾーンスイング
ストライク球をスイングした際にバットに当たった割合。

ストライクゾーンコンタクト%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーンコンタクト%
算出式:ストライクゾーン接触数/ストライクゾーンスイング
ストライク球をスイングされた際にバットに当てられた割合。

ストライクゾーンスイング%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーンスイング%
算出式:ストライクゾーンスイング/ストライク
ストライクゾーンの球に対してバットを振った割合。

ストライクゾーンスイング%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーンスイング%
算出式:ストライクゾーンスイング/ストライク
ストライクゾーンの球に対してバットを振らせた割合。

ストライクゾーン見逃し%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーン見逃し%
算出式:ストライクゾーン見逃し数/ストライク
ストライクゾーンに投じたボールを見逃された割合。

ストライクゾーン見逃し%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:ストライクゾーン見逃し%
算出式:ストライクゾーン見逃し数/ストライク
ストライクゾーンに投じられたボールを見逃した割合。

奪三振率 (だつさんしんりつ) [ 投手 Advanced ]

指標名:奪三振率
算出式:三振*9/投球イニング数
9イニングあたりの三振を表す指標。

打率 (だりつ) [ 打者 Advanced ]

指標名:打率(Batting Average )
算出式:安打/打数

長打率  [ 打者 Advanced ]

指標名:長打率(Slugging Percentage)
算出式:(単打+2*二塁打+3*三塁打+4*本塁打)/打数

投球数  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:投球数
算出式:投手の総投球数

盗塁阻止率  [ チーム個人 守備 ]

指標名:盗塁阻止率
算出式:盗塁死/(盗塁+盗塁死)
捕手が盗塁を阻止した割合。

内野安打  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:内野安打
算出式:内野安打

内野安打%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:内野安打%
算出式:内野安打/ゴロ数
打者が打ったゴロの総数に対する内野安打の割合。

内野フライ%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:内野フライ%
算出式:内野フライ/フライ総数
フライ総数に対する内野フライの割合。

内野フライ%  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:内野フライ%
算出式:内野フライ/フライ数
総フライ数に対して内野フライを打たせた割合。
内野フライを打たせる割合は前後の年度とある程度関連があり、投手の能力の一部と考える事もできる(ゴロやフライを打たせる割合などよりかは関連はやや薄い)。
内野フライは打球のほぼ全てがアウトになるため、投手が安全にアウトをとる能力として評価する見方も出来る。

バント安打%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:バント安打%
算出式:バント安打/バント
バントに対するバント安打の割合。

被打率  [ 投手 Advanced ]

指標名:被打率
算出式:被安打/打数

被本塁打率  [ 投手 Advanced ]

指標名:被本塁打率
算出式:被本塁打*9/投球イニング数
9イニングあたりの被本塁打数を表す指標。

フライ%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:フライ%
算出式:フライ/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対するフライの割合。

フライ%  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:フライ%
算出式:フライ/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対してフライを打たれた割合を表す。
NPBでは総打球に対して42%前後の割合でフライが発生。
投手の力が及ぶ範囲を考える上で近年注目される数値。

平均援護点  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:平均援護点(RS/9)
算出式:援護点*9/投球イニング
9イニングあたりに味方打線が挙げる得点

併殺  [ チーム個人 守備 ]

指標名:併殺
算出式:守備に就いたポジションで記録した併殺参加数

補殺  [ チーム個人 守備 ]

指標名:補殺
算出式:守備に就いたポジションで記録した補殺数

防御率  [ 投手 Advanced ]

指標名:防御率
算出式:自責点*9/投球イニング

ボール  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:ボール
算出式:投手が投げたボール総数

ボールゾーンコンタクト%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:ボールゾーンコンタクト%
算出式:ボールゾーン接触数/ボースゾーンスイング
ボール球をスイングした際にバットに当たった割合。

ボールゾーンコンタクト%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:ボールゾーンコンタクト%
算出式:ボールゾーン接触数/ボースゾーンスイング
ボール球をスイングされた際にバットに当てられた割合。

ボールゾーンスイング%  [ 打者 Plate Discipline ]

指標名:ボールゾーンスイング%
算出式:ボールゾーンスイング/ボール
ボールゾーンの球に対してバットを振った割合。

ボールゾーンスイング%  [ 投手 Plate Discipline ]

指標名:ボールゾーンスイング%
算出式:ボールゾーンスイング/ボール
ボールゾーンの球に対して相手打者にバットを振らせた割合。

ポジション  [ チーム個人 守備 ]

指標名:ポジション(Pos)
算出式:守備に就いたポジション

与四球率  [ 投手 Advanced ]

指標名:与四球率
算出式:与四球*9/投球イニング数
9イニングあたりの四球を表す指標。

ライナー%  [ 打者 Batted Ball ]

指標名:ライナー%
算出式:ライナー/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対するライナーの割合。

ライナー%  [ 投手 Batted Ball ]

指標名:ライナー%
算出式:ライナー/総打球数
総打球数(フィールド内に飛んだ打球)に対してライナーを打たれた割合を表す。
NPBでは総打球に対して7~8%前後の割合でライナーが発生。


Baseball Lab「Archives」とは?
 
Baseball Lab「Archives」では2010~2011年にかけてラボ内で行われた「セイバーメトリクス」のコンテンツを公開しております。

野球を客観視した独自の論評、分析、および研究を特徴として、野球に関するさまざまな考察をしています。